24時間365日受付 0120-999-444電話をかける 無料事前相談 お急ぎの方へ

感動葬儀レポートFuneral-report

四日市中央斎奉閣

詩吟で送られて

89才でのご生涯でした。 故人様は、詩吟を趣味とされていました。詩吟仲間から通夜・葬儀で故人様の為に、詩吟を送りたいとお話を頂き、開式時間を少し早めに時間を作りました。通夜・葬儀共に、詩吟仲間の吟道関心流楠愛好会の皆様から、弔吟を頂きました。弔吟を吟じた際に、予定にはありませんでしたが、故人様の奥様が席を立ち参加され、感慨深いお式でした。故人様は60才から詩吟を始められ、入院先の看護師さんにも詩吟...
富田斎奉閣

家族が愛するお父様

喪主様のご主人様のご葬儀です。 若い頃は学校の先生をされていて導師様をはじめ皆様から「先生」と呼ばれていました。 体調をくずして入院していましたが、少し回復され転院し、これからリハビリをしようと頑張っていた矢先に容態が急変し亡くなられたそうです。 遺影写真と思い出のお写真を選ばれている際、たくさんの写真の中から遺影写真の背景は何色が好きだったとか、思い出のお写真の背景等を喪主様を含め、お嬢様とお孫...
阿倉川斎奉閣

愛読書

故人様は生前、若いころはソフトボールのキャッチャーをされていたり、年に一回は姉妹で旅行に行くなど、とても元気でアクティブな方でした。 しかし、昨年病に倒れてしまい残念ながら以前ほど体を使って自由に行動することができなくなってしまいました。代わりにもう一つの趣味でもあった読書に没頭され、特に時代劇物をこよなく愛されご家庭にもたくさんのシリーズが並んでおりました。 元気で活発だった頃のことや、晩年は大...
久居斎奉閣

喪主の本当の想い

103歳で亡くなられた故人様。亡くなる前までお元気に過ごされていらっしゃいました。生前100歳を越えられた際に親族や施設の方々から、長寿お祝いの写真やメッセージ入りの色紙などたくさんいただいたものがあるということで、ぜひ葬儀の式場で飾ってほしいという故人様の要望がありました。 また故人様が歌を歌ったり遊びを楽しんでいる動画(DVD)があると喪主様からお話をいただき、このDVDもぜひ流してほし...
久居斎奉閣

アカネ先生の自分史

お悔みに伺ったはじめの日。故人様の息子様より会場に飾ってほしいと預かった一本の巻物。相当大きいので飾れるかな・・・と言っていた言葉通り、それは5mを超えるとても大きな物でした。 どこに飾ろうか試行錯誤の結果、個展の様な雰囲気が作れないかと考えました。喪主様へ自宅にある他の作品も会場へ運ばせて頂けないかと提案をさせて頂きました。どれも貴重な作品ばかりで、仏間の上に飾ってあった「心如水」の書に心惹かれ...
名張斎奉閣

誰からも愛された故人様

故人様は、たくさんの趣味をおもちで、特にマラソン、山岳は仲間とともに熱心に活動されていたそうです。また、自治会活動にも熱心で、地区の夏祭りには率先して陣頭指揮を取り、自らは焼きそばを焼くなどをして、誰からも頼られる方でした。 偶然にも通夜の日は自治会の祭りが行われており、故人様が自宅を出発する際には仲間の方数名が見送りに来てくれました。 趣味のマラソンでは、日記(ランナーズダイアリー)をつけており...
富田斎奉閣

お父さんの休日

写真と一緒に思い出の品がありましたら飾りますよとお声かけをしたところ、ラジオや電子辞書、将棋の駒を飾って欲しいとの事で、故人様がお好きだった食べ物と一緒に飾らせて頂きました。 喪主様とお話しさせて頂いたところ、故人様はいつも休みの日は、遊びに出かけるより家にいる印象だったそうです。将棋やクロスワードパズルをしていた姿が印象に残っているとの事でした。特に、日曜日の新聞に掲載されていたクロスワードパ...
富田斎奉閣

大好きな歌に包まれて

86歳のお母様のご葬儀です。 故人様はご自宅でカラオケの出来るお店を経営されていたそうです。ご遺族様より、故人様がよくお店で歌っていた曲のテープを棺に入れてあげたいとのご要望がありました。 カセットテープはお店でお客様とよく歌っていた曲を集めたものだそうです。打合せの時に「お母様の好きだった曲を式場で流すこともできますよ」と提案したところ、「好きだったのは美空ひばりさんの曲で、いつも聞いていま...
笹川斎奉閣

一筆一筆思いを込めた、年賀状

ご家族様より「年賀はがきと掛け軸を飾ってほしい」とのご依頼でした。それは故人様が昭和54年から平成31年まで毎年欠かさず書かれていた墨絵の年賀はがきでした。拝見させて頂くと同じ絵柄のはがきが何枚もありました。不思議に思い故人様の奥様とお嬢様に伺うと、同じ絵柄を何枚も書きその中で一番良いものを奥様に選んでもらっていたそうです。その思い出を話されていた時の奥様はとても幸せそうな表情をされていました。 ...
鈴鹿中央斎奉閣

野球とゴルフと家族を愛した人

64歳のご主人様のご葬儀。奥様と、大学生、高校生のお嬢様を遺して逝かれました。 とにかくゴルフと野球が好きだった故人様。47年前、海星高校の野球部員として甲子園に出場されたそうです。背番号は「1」でした。本田技研にお勤めの時には野球部の監督として活躍されました。 会場の入り口には、高校野球部時代ご活躍された品々、大好きだった愛用のゴルフクラブなど、本当に多くの思い出の品をたくさん持ってこられ、お嬢...
1 2 3 4