安心の地域密着サービス 三重県下に22会館・65年の実績
全互協葬儀品質認定

投稿Post

四日市中央斎奉閣限定!小規模なご葬儀(家族葬)専用プランが誕生

No Image
大切な方とのお別れの時間を心ゆくまでお過ごしいただける小規模なご葬儀 専用のプランが誕生しました。家族をつなぐ、想いを結ぶ家族葬「結び」プラン。 四日市中央斎奉閣限定プランで会館使用料+サービス料を含んだ安心セットです。 この金額で必要な品目は全て含んでおります。 大切な人だから安心して送りたい。 家族葬をお考えの方は四日市中央斎奉閣(059-354-9999)までお問合せください。 チラシ拡大...

グリーフケアの取り組みが中部経済新聞に取り上げられました

三重平安閣が行っているグリーフケアが、中部経済新聞に取り上げられました。 https://news.yahoo.co.jp/articles/886d4f352603f6ac60fb8447418090fe345879d8 グリーフケアとは、大切な方を失ったご遺族の心の状態を理解し、寄り添うことで大きな悲しみから回復し、日常を取り戻すためにサポートすることを言います。 三重平安閣のフューネラル事...

お客様の心理を理解し寄り添うために 接遇スキルアップセミナーを受講しました

6月13日~15日に接遇研修を行いました。 講師に株式会社グランディーメモリー木野島光美先生をお迎えし、コロナ禍での接客・接遇、車イスでの介助について、グリーフケアなどロールプレイングを交えながら実施しました。 ~お客様に安心と信頼を提供する心構え~(テキストより一部抜粋) マスク着用時の表情 姿勢・態度と動作 話し方・伝え方 ホスピタリティマインド 研修を受講したスタッフは「マスクをしてい...

斎奉閣のSDGs

斎奉閣のSDGsに関する取り組みをご紹介いたします。 四日市市内の会館と菰野斎奉閣において、葬祭見学会のイベント時にお寺様によるランドセル供養祈祷 を行っております。 まず、お客様から使わなくなったランドセルをお預かりし、供養いたします。 その後、海外の恵まれない子供達に寄贈する取り組みを行っております。 6年間の思い出の詰まったランドセルを供養し、その想いとともに海外の子供たちに贈ります。 こ...

2人で歩いた50年

今回お預かりしたお写真に、故人様と旦那様が一緒にケーキを切ろうとしているお写真がありました。 包丁にはリボンがついています。それを持つ笑顔の故人様と、照れ隠しの為に視線を逸らす仏頂面の旦那様。とても幸せそうです。「これは何のお写真なんですか?」思わず聞いてしまいました。 「これはお母さんの誕生日と、2人の金婚式の記念写真なんです」 ご家族で結婚50周年のお祝いをサプライズで計画したお写真でした。 ...

お母さんこれからも人形作りを楽しんでね

故人様は小学校の教師で、主に1~2年生の担任をされていました。定年退職前の58歳頃から趣味で人形作りをはじめられたそうです。和紙人形の「やまと鳳」という流派で、日本各地で漉かれた和紙を使用し、江戸時代の庶民の姿、歌舞伎、源氏物語などを独自に表現するというものです。これまでに作製した人形は、なんと、100体以上もあるそうです。 お通夜の日、お嬢様が今の季節に合ったものということで、ご自宅から人形をお...

晩年を過ごした刻(とき)の愛用品

喪家様とお話をしている時に、 故人であるお父様が晩年をどのように過ごされてきたのか話してくれました。 ~いつもの日常~ 朝起きて、お出かけ。 家に帰り、夜が訪れたら寝る。 ただ、いつもの生活には、欠かせない「愛用品」が2つあります。 1つ目は「帽子」。 アメリカ旅行で何気なく購入した、LAと描かれたロサンゼルス・ドジャースの帽子。 お出かけ時には欠かせない友人とのこと。 何気ないお土産が、人生を共...

「病みてなお 盆栽(まつ)に命の ハサミ入れ」

故人様の趣味はクラシックと盆栽でした。 お家に打ち合わせに伺った所、クラシックが好きだったということをお聞きし、お通夜の前後、ご葬儀の前、そしてお別れの時にクラシックを流すことになりました。 故人様は昔からクラシックが好きで、結婚してからはご夫婦一緒に、ウィーンフィル、ベルリンフィル、フィラデルフィアなど、いろいろなコンサートに行き、奥様も好きになったそうです。 元々、お家には沢山のレコードやCD...

展示物から蘇る、故人様の「記憶」 ~1964年東京オリンピックの聖火ランナー~

ご自宅に打ち合わせにお伺いすると ご家族から「飾りたいものが沢山ありますが、よろしいでしょうか?」とのお言葉がございました。お通夜までに故人様の生前の愛用品、思い出の品々を数多くお預かりいたしまして、会場のロビーにて展示いたしました。 参列者の方々や私自身が驚いた展示物は1964年の東京オリンピックの聖火リレーで使用されたトーチでした。なんと故人様は今から58年前の聖火ランナーの一人でした。 (...

中日新聞に掲載されました!

富田斎奉閣が優良防火管理事業所として表彰されました。 5月11日中日新聞朝刊北勢版に掲載されています。 津波災害時に避難ビルとして地域の皆様に貢献する前向きな姿勢を評価していただきました。 防災訓練では近隣住民の皆様、企業の皆様にもご参加いただき地域貢献に取り組んでまいります。 ...
1 2 3 4 5 13